WordPressでSEO対策ができて、問題を監視してくれるGoogle Search Consoleの導入方法のご紹介

今回の記事ではWordPressにて、Google Search Consoleの

  • 導入方法
  • サイトマップ登録

についてご紹介します。

Google Search Consoleを導入することにより、

  • Googleからのペナルティの通知を受け取ることができる
  • 表示回数、掲載順位、上位のクエリ文字列(※1)などを知る事ができる
  • 新しく作ったコンテンツが、できる限り早くインデックスされるように、リクエストすることができる
  • 被リンクを把握することができる(どこの誰にリンクを貼られているのか?)

※1)検索クエリ:Google検索でユーザーが検索窓に入力したキーワードのこと。

などのメリットがあります。
WordPressを運営する上でSEO対策を行えて、無料で使用できます。
登録方法もご紹介しますので、是非登録していきましょう。

Google Search Consoleを登録するにはGoogleアカウントが必要になります。
もし、あなたがGoogleアカウントをお持ちでないようでしたら、Googleアカウントの取得方法を解説した記事をご覧になって取得してみてください。

アフィリエイト開始時に必要な5つの準備 アフィリエイトを行うには、まず以下の環境を整える必要があります。 ...

Google Search Consoleの導入方法

それではGoogle Search Consoleの導入方法についてご紹介していきます。

①Google Search Consoleにアクセスし、【プロパティを追加】をクリック

Google Search Consoleは、以下よりアクセスしてください。

→Google Search Consoleにアクセスする

【サイトのURL】を入力して、【プロパティを追加】をクリックしてください。

②所有権の確認

所有権の確認では、確認方法が5つあります。
その中の2つの方法をご紹介します。

  1. Googleアナリティクス
  2. HTMLファイル

それぞれ解説していきます。

①Googleアナリティクスの場合

【Googleアナリティクスで所有権の確認】の場合は、予めGoogleアナリティクスに登録してWordPressに設置しておく必要があります。

Googleアナリティクスを登録して、WordPressにプラグイン【All in One SEO Pack】から設置・反映する方法を、以下の記事にて解説しています。

登録がまだできていないようでしたら、ご覧になって登録してみてください。

今回の記事では、WordPressに設置が必須なアクセス解析ツール、Googleアナリティクスの 概要 登録方法 Wo...
【別の方法】・【Googleアナリティクス】・【確認】をクリック

【続行】をクリック

Googleアナリティクスの場合は、以上で所有権の確認は完了です。

②HTMLファイルの場合


今回は、【おすすめの確認方法】htmlファイルをご紹介します。
それは以下の方法です。

①webサイトにhtmlファイルをアップロードする

【おすすめの確認方法】より、

1.ファイルをダウンロードの右、赤枠部分をクリック。

↓画面左下にダウンロードされたファイルが表示されます。

確認されたファイルはFTPソフトを使ってアップロードします。
FTPソフトのダウンロード・インストール・使用方法は別記事にて紹介しています。

インストールがまだの場合は記事を参考にダウンロードしてみてくださいね。

今回はネットビジネスを行っていく上で、必須なFTPソフト【FileZilla】の ダウンロードとインストール方法 File ...
②FTPソフトを起動しhtml確認ファイルをアップロード
  1. 【リモートサイト】より、任意の【サイトドメイン】をクリック
  2. 【リモートサイト】より、【public_html】をクリック
  3. 【ローカルサイト】より、ダウンロードした【html確認ファイル】の入ったフォルダーをクリック
  4. 【ローカルサイト】より、ダウンロードしたhtmlファイルを【ローカルサイト】から、【リモートサイト】へ、ドラッグ&ドロップ

④アップロードが完了しましたら、GoogleSearchConsoleにて【確認】をクリック

【所有権を確認しました】と表示されれば、完了です。

サイトマップを登録する

所有権の確認ができましたら、サイトマップの登録を行います。
サイトマップとは、サイトをわかりやすくまとめた一覧表のようなものです。
サイトマップは【検索エンジン用】と【ユーザー用】があります。
ここでは、【検索エンジン用】のXMLサイトマップの話になります。

検索エンジンといえば、Googleが有名ですが、クローラーという物がサイト内を巡回しています。
クローラーにいち早く認識してもらう為に、サイトマップを登録しておくことが必要だということです。
それが結果的にSEO対策につながります。

それでは、実際の登録方法を解説していきます。

XMLサイトマップは【プラグイン】【Jetpack】で作成

XMLサイトマップの作成はプラグイン【Jetpack】で作ることができるので、そちらを利用しましょう。
【Jetpack】でのサイトマップの作成と、Google Search Consoleへの登録は別記事にて紹介しています。
XMLサイトマップの登録は重要ですので、忘れず登録してくださいね。

今回の記事では、WordPressのプラグイン【Jetpack】の重要な機能として導入していきたい XMLサイトマップの作成 ...

まとめ

今回の記事では、Google Search Consoleの

  • 導入方法
  • サイトマップ登録

についてご紹介しました。

Google Search Consoleを導入することにより

  • Googleからのペナルティの通知を受け取ることができる
  • 表示回数、掲載順位、上位のクエリ文字列(※1)などを知る事ができる
  • 新しく作ったコンテンツが、できる限り早くインデックスされるように、リクエストすることができる
  • 被リンクを把握することができる(どこの誰にリンクを貼られているのか?)

※1)検索クエリ:Google検索でユーザーが検索窓に入力したキーワードのこと。

などのメリットがあり、無料で使用できます。
WordPressを運営する上でSEO対策を行ったり、サイトでの問題(ページが表示されない、リンク切れがある等)を見つけて連絡してくれるのでwebサイトの管理が楽になります。
是非登録していきましょう。